十円玉騒ぐ

スーパーマーケットのレジに並んでいたら、すぐ近くで何やら騒いでいる。店の人が走ってくるし、お客さんまでが地べたに這い蹲ったりしている。       何ごとかと思って見ていたら、小さな女の子がお金を落としたらしい。そばで父親迪士尼美語 價格と思われる人が一緒になってさがしている。      女の子は店内に備えつけてあるゲーム機で遊ぶため、十円玉を入れようとした時に、そのうちの一枚を落してしまっのである。十円玉はクロクロと転がり、見えなくなってしまったのだろう。若いの父親は言った。      「お金を粗末にしちゃいけない。ちゃんとさがして」      一見、軽そうに見えるタイプだが、言うことはしっかりしていると、私は感心していた。ところが店の人や客までが一緒になってさがしても、十円玉は出てこない。父親は結構な根性の持ち主で、店の人にタバコケースを移動現貨黃金させ、コピー機を移動させ、女の子にさがさせる。      「自分で責任を取りなさい。ちゃんとさがしなさい」      とうとう、店の人が自分のポケットから十円玉を取り出し、女の子に渡そううとした。      「なくしたお金は後でおじちゃんがもらっておくから、今はこれを使いなさいね」     女の子が出した小さな手を、父親は静かに引っ張った。そして店の人に言った。     「たかが十円、お金が問題王賜豪じゃないんです。お金の大切さと、自分で責任を取ることを教えたいんです」      そして、女の子に言った。      「お金がなくしたのは自分だから、今日はゲームはできないよ。わかってるね」     やがて父親は女の子の手を引くと、店の人たちに礼も言わずに出て行った。移動させたタバコケースもコピー機も一切も通りにはしないで。まったく「責任」はどこへいくのだ!口先だけで偉そうなことを言うほど簡単なことはない。